記事リスト

眼鏡

若年層に広がる目の疾患

パソコンやタブレット端末が普及した現代、若年層の老眼が流行しています。ブルーライトの光を長時間浴びることで老眼を引き起こすので、目の疲れに十分注意して定期的にケアを行いましょう。

目

若者にも増加

スマホ老眼はスマートフォンの使いすぎによっておこるもので、若者にも発症する人が増えているものです。眼の調節機能が衰えるためおこる症状で、使用時間を規制する、専用のめがねをかける、眼によい栄養素をとる、マッサージやトレーニングをするなどで予防や対策は可能です。

医師

筋肉の負担を軽減させよう

スマホを正しい環境や正しい姿勢で使用しないと、過度に目の筋肉に負担を掛けてしまい、老眼を進行させてしまうことがあります。視線を意識して目を使い、疲労感が強い時には小まめに眼鏡を利用して負担を軽減させましょう。

目

若くても起こる目の症状

スマホ老眼の原因は、毛様体筋の凝りです。手元ばかり見ていると、毛様体筋は緊張し凝ります。本と違いスマホは光を発しているので、交感神経が刺激され興奮します。夜もそれが続くと、ますます目に負担がかかります。しかしこの老眼は、トレーニングで防止できます。長時間のスマホは不眠やうつも招くので注意しましょう。

女性

若い世代に多い悩み

老眼は年齢の高い人だけではなく若い世代にも悩む人が増えています。スマホ老眼と呼ばれる症状は一時的なものですが、放置しているとさらに悪化する可能性もあります。改善のためには適度に目を休めることが大事ですし画面をあまりに近づけてみることも避けましょう。

若年化が進んでいます

女性

筋肉が硬くなります

電車に乗っていると多くの人がスマホを手に持ち、一生懸命に何かを見ている光景を見かけます。細かく振動する電車内で小さな画面を見続けていると眼精疲労が生じたり、老眼を促進させてしまうことがあります。近くのものを見るとき、水晶体に付いている毛様体筋を動かします。筋肉の動きにより水晶体の形を変えることで、近くのものにピントを合わせる構造になっています。一般的に40代頃からこの毛様体筋の動きが硬くなり老眼が始まります。スマホを見ていても顔の近くに近づけると画面がボケたり、すぐに疲れが溜まる人は老眼の傾向があるかもしれません。初期症状では眼精疲労が酷くなり、長時間見続けることが難しくなります。50代を過ぎるとピント機能が働かなくなった自覚症状が現れて、老眼の眼鏡などの手助けが必要となります。最近ではスマホを使用しすぎる傾向から老眼の始まる時期が40代から30代へと若年化しています。また、パソコンを使用したデスクワークの増加によりますます老眼が早く始まっています。スマホを見ていても疲れ方や見えにくさには個体差があります。普段から眼鏡を掛けていない正視や弱度の遠視の人は老眼に気が付きやすく、近視の眼鏡を掛けている人は眼鏡を外すことにより近くが見えるので、老眼と気が付かないこともあります。近視の人は若い頃、眼鏡を掛けたまま近くも見えていましたが、年齢とともに遠くの見え方を良くすると近くのピントが合わなくなるので若干近視を弱めて度数選定すると近くが楽になります。適齢期が来たら一度検査を受けてみましょう。

Copyright© 2018 スマホの使い過ぎは老眼の原因【綺麗な視界を目指したアイケア】 All Rights Reserved.